スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しい日

先々週の日曜日は嬉しい日であった。

それは、初めて弟子が教えている生徒に会うことが出来たからだ。
そして弟子が教えた太極拳をその生徒さんが打つ姿を見ることは、こんなにも嬉しいものなのかと、しみじみ感じ入った日であった。

もっとも、弟子のH.Kさんには正式な教練資格を与えているわけではないが、これには理由がある。

昨年の秋からの事だが、教室には参加出来ない方の為の別枠として、H.Kさんが教授代理として新たに教室を開く事を許可した。そこで習っているお二方は母娘で、喫茶店を経営している関係でどうしても時間が取れない事もあったが、もう一つの大きな理由として、娘さんの方は目が見えなかったのだ。全盲で光すら感じる事が出来ない。

つまり一生、先生の套路を見る事も出来なければ、自分がどういう姿をしているか確認する事すら出来ない。「学ぶ」という言葉は「真似ぶ」から来ているが、同時に様々な部分が連動して動く太極拳を、その学習の最も基本と言える「見て真似をする」という事が全くもって出来ないという事は、かなりの試行錯誤や工夫を余儀無くされるのは想像に難くないだろう。

H.Kさんは今までにも、療養先のサナトリウムで院長先生の奥様に請われて教えたり、やはり療養に来ていた作家でもあり監督経験もある才能溢れる女優さんを含め、短期間ではあるものの幾人かを教えたりすることになった時もあった。

その時も自分は自信を持って任せる事ができたし、お二人についての話を伺った時も、全盲という自分自身も未体験の難しさを思いながらも、やはりH.Kさんなら大丈夫だと信頼する事が出来た。H.Kさんには時に人一倍厳しく要求しながら、お互い真摯にこの武術に向きあってきた日々の積み重ねが、それを絶対的なものに感じさせてくれる。

教えるという事については、自分自身でも経験している事だが、いざ、この武術を教えるとなると不思議な事に次から次へと教える事が浮かびあがってきて、教える事に困る事がない。また、時と状況に応じて様々に工夫するだけの理解が備わっている事にもあらためて気づく。

むしろ教えれば教える程様々な気づきがあり、こんなにもたくさんのものを自分は習っていたのだと、振り返るのだ。

実際に自分が会ってみるまでに、H.Kさんから聞く新しい教室の様子は、実に興味深いものであった。

我々が大事にしている「まず自分の身体を感じる」ということ。それがまさに、教えた事に対して娘さんから帰ってくるリアクションや言葉は、「感じる」という事の純度の極みと言えるものであった。ナチュラルに出てくる感想が、まるで内功武術の核心部分について話をしているかのようでもあり、一言一言が実に豊かな内容に溢れていた。

H.Kさんが、工夫しながら確かなものを教えている様子が、その内容から活き活きと伝わってくるようだった。

そしてとうとう、初めてお二人の套路を見せてもらったわけだが、目の見えない娘さんが伸び伸びと太極拳を打つ姿に、どれ程感動を覚えた事だろう。それはまさに明鏡拳舎の太極拳であり、同時に、弟子の太極拳であった。

一回一回に進めるのは、ほんの僅かだ。身体にあちこち触れてもらったり、手で導いたりして、全体像を頭の中に構築してもらって、初めて次に進める事が出来る。

まだまだ最初の方の7勢だけではあったものの、ここまでに至る弟子の工夫と、真摯に教える気持ちが、その姿に込められていた。

我々の太極拳とは何か。
その問いに対する答えが、ここにある気がした。
あくまで武術として教え、武術として磨いていく。
そこに「義」がある。

我々の武術には、段や級もなければ、賞とも無縁のものだ。

だが、もっとも大切なものがここにはある。

スポンサーサイト

歩み(新年のご挨拶にかえて)

2013年。

12月28日
極峰拳社・ 張紫雲師父より
張氏門内功武術の「師範」を拝受


2014年。

3月8日 「内功武術 明鏡拳舎」を開門。

そして、

1月18日 H.Kさん 学生(一人目)
7月20日 H.Kさん 拝師弟子(開門弟子)
11月8日 K.Fさん 学生(二人目)

開門したその年に、1人の拝師弟子と1人の学生を得た。恵まれた師であると思う。

二人目の学生となったK.Fさんについては、学生試験に一ヶ月を費やした。その間、双方合わせて15通以上にのぼるメールのやり取りもしている。
四年前にこの武術に出会うまで、全く武術や武道といったものに縁がなかった方が、武術の門を目指そうというのだ。厳しい試験だったと思うが、試験期間も合わせてここ三ヶ月の間に、かなりの成長を感じられるのが嬉しい。

拝師弟子のH.Kさんについては、肺の癌が消えたものの、手術の後遺症による腎不全で入院、手術となりながら、再び不屈の精神で回復し、一昨日の三十日の夜には、病室にて練習再開のメールをいただいた。その前の二十七日・二十八日と、病室で座学をした時には既に元気になられていて、「来年がいよいよ愉しみになった。」という話をしながらこの新年を迎える。


2015年。

新たな年の幕開けである。

特に昨年は皆に「変化」を感じた年であった。

もちろん、自分自身にとっても大きな大きな節目の年であった。

昨年を一言で表すと「転」の年であったと思う。それで言うならば、今年は一つの結果が顕れる年であり、新しい始まりとなる年にも違いない。

今年はここに何を記す事が出来るだろうか。
一歩一歩、歩んでいくその一歩は、どんな一歩になるだろうか。

そんな愉しみを感じながら、新年の朝日を待っている。

言葉

自分の師祖父はこう仰っていたそうだ。
「違う国の生徒に本気で教えようと思ったら、弟子が先生の国の言葉を覚えるよりも、先生の方が生徒の国の言葉を覚える方が良い」と。

だから、我々の太極拳は「単鞭」を「たんべん」と日本語読みするし、四正の「ポン、リー、ジー、アン」というような独特の概念は、そのままカタカナ読みをすることもあれば、套路に出てくる「上歩打擠」を「じょうほだせい」と呼ぶように、同じ「擠」でも読み方は状況によって使い分ける。全ては日本語が流暢であった師祖父が、学びやすいようにと工夫してくださったことだ。それは即ち、例えば技の名前には中国語ならではの意味もあるだろうが、その取捨選択は師祖父が自ら行った上で、言葉一つにおいても妥協することなく、我々用にカスタマイズし完成された体系の形で我々に伝えてくださったという事でもある。我が門の武術は、そういう意味でも稀有なものだと言えるかもしれない。本当にありがたいことである。

ところで師父が大事な文章を書かれる時は、老荘思想のみならず、淮南子など様々な中国思想から引用されることが度々あった。それらの文章に含まれた内容ははまさに「温故知新」で、このような文章や内容が古代の中国で既に記されていた事に毎回深い感慨を覚えていたわけだが、ある時、師父はいつこのような勉強をなさったのだろう?と不思議に思って尋ねたところ、実に印象深い師祖父の言葉を教えてくださったのであった。その言葉とは、「我々の武術は、こういうもの(中国思想)を当たり前のように学んでる民族が作り出したものなのだ」と。

そんなわけで、師父に教えていただいた師祖父の言葉を聞いて以来、旅行カバンの中には「老子」や「墨子」がいつも眠っている。もっともお恥ずかしい話だが、なかなか読み進まなくて、なんて不勉強な弟子だろうと我ながら自己嫌悪である。

また、このようにも思う。例えば「上下相随」や「虚実分明」などと言った要訣は、一つ一つの言葉の中に含まれる意味合いが実に多い。かつ、それぞれの段階にそれぞれの「上下相髄」の意味があり、しかもどの段階においてもその言葉だから腑に落ちるといったニュアンスを含んでいる。「何を大切にするか」という事と同時に、「何を切り捨てるか」はもっと大事で難しい。だからこそ、このような一つの言葉に様々な意味を込めて残したりもするのだろう。

我が門の「三拳弊習」のシステムは、そういったことも全て含んだ背景があってこそ、成り立っていると言って良いかもしれない。

冒頭では「先生の方が生徒の国の言葉を覚える方が良い」との言葉を紹介したものの、もちろん、弟子としてしっかりと師の国の言葉を覚えて師の信頼を受けながらその国の伝統武術を学び、本場の武術そのままの技と風格と理論でもって教えてらっしゃる先生も知っているし、言語を越えて武術の本質を掴み得た先生もいらっしゃって、そう言った姿を実際に見てきた。なので、ここでどの形が一番かを論じるつもりはない。伝承という事の難しさや尊さを知る身としては、様々な形でそれぞれに伝承を積み重ねてきたことに、その姿に、ただ、ただ、感謝と畏敬の念を覚えるのみである。


愛知県教室の99回目と99勢

今日で、愛知県の教室である宇童会が100回目を迎える。
つまり愛知県の教室を立ち上げてから、前回ですでに東京-愛知の間を99往復したということだ。

我々にとって「99」は意義深い数字である。
なぜなら我が門の太極拳は99勢。
当然、我々としては100回記念よりも99回でこそお祝いとしたいところだ。

そんなわけで前回は、生徒達の自らの企画として、
99回目の教室にて「生徒たちによる99勢」の表演会が行われたのである。

99回を一度も休まずに通った自分に対して「先生への感謝の気持ちとして」ということで、
弟子を中心に、それぞれの生活の中で時間に都合をつけながら練習を重ねての表演であった。

生徒達による99勢。
本来なら記念に写真に撮っておきたいところであったが、目を離すのがもったいなくてそれは出来なかった。

なにより、自分への感謝の気持ちとしてということで、それぞれが、それぞれの想いで打ってくれた太極拳を、受け止めるのだけでいっぱいいっぱいであった。

始めたばかりの頃は、月一回のペースで、太極拳の「た」の字も知らないような人達が、こんな大勢で99勢を覚える日が来ようとは、正直、想像だにしなかったといってよい。(途中で月に二回になったものの、密度は上がっても覚えるペースが極端に変わるわけではない。)

それが月日を重ねてきた今、一人一人が自分にとってのかけがえのない生徒だ。

99勢は長い。
長いからこそ、それを修めるには幾多の試練や出来事にさらされ、
辞める理由はいくらでも見つかったとしても、学び続けることは本当に難しい。

しかし、長いからこそ同時に、学び終えた時には理解も一段深いところにある。
そして、それぞれの中に、一人一人の太極拳がある。

師父から受け継ぎ、自分もまた練磨して伝えた、師祖父の独特の理論と風格を持った太極拳。
この味わいは、この武術を守り伝えるものにしかわからない。

99は99歳を白寿と言うように、百からーを取ると「白」。
99回で今までの区切りをつけるとともに心をまっさら(白)にして初心に帰り、
100回では新たな気持ちで再びスタートを切ることができる。
なんとも良いリズムだ。

最近の様子としては、半分近くのメンバーが套路を一通り覚えたこともあって、
再び最初からより詳細な説明や解説に入ってからというもの、さらに一段と皆の表情が変わってきた。
段階が進めば進むほど面白い。そう、本当の学びはここからだ。

どんなに遠い道でも、どんなに困難な道であっても、必ず一歩目を踏み出すところから始まる。
歩みの一歩一歩は小さく微々たるものでも、一歩ごとに見える景色があり、聞える音があり、
積み重なればこうして99という数字にもなる。

そして、99から100へ至るのも同じ一歩。

今日もまた2時間後には、愛知県に向けて車を走らせているところだろう。(笑)

掌形

久しぶりの更新になる。

人体で最も器用で意識が行く部分はどこか?というと手(指)あろう。
つまりは、それらを含んだ掌形。そんなことも我が門の内功武術のヒントとなる。
心、意、氣、力。
上下相髄の考え方にも通ずるが、もっとも意識が行く部位を活用しない手はないだろう。

だが、師父が曰く「手(指)の形は、練功を積んできて最後に整う」とも言われていたように、掌形はその時の状態を表す全体の結果でもあり、練習においては段階にもよるが、本来的には積極的に活用すべき双方向のものだ。
そういう意味では、内功武術の成果として、指の形、掌形にどのように意が通っているかを見るのは一つの愉しみでもあり、活用においては、例えば象形拳・いわゆる動物をかたどった拳を練る場合等には、まさにスイッチのような存在にも成り得るだろう。考え方次第で色んな広がりを持つものである。

このように掌形一つとってもなかなかに味わい深いが、だからこそ、我が門の三拳「太極拳、形意拳、八卦掌」の基本となる掌形が全て、一つの形に集約された形で融合されているのも、三拳弊習というものが生み出した成果であり、最も象徴的なものであると言えるだろう。

余談だが、その形は自分が習った大東流合氣柔術の形とも似ているのが面白い。処々の理由で武術修行記は第一部で完結したままだが、大東流編でこれは書いておきたかったという内容の一つに、この「手の形」の話があった。

その話は「武術修行記 ~合気道編~」とも繋がっていて、砂泊先生の手の形について(4)で、このように書いている。
「砂泊先生の合気の手は巻き込むような通称「猫手」が有名だが、普通の合気道のように開いた形は「陽」、巻き込むような形は「陰」なのだと、手を取りながら合気の感覚と共に説明してくださった。」

そして、自分が初めて大東流の先生に技をかけていただいた時、指の形を見て思ったのだ。
「あ、これは砂泊先生の仰っていた「陽」と「陰」が結合した形だ!」と。

…話が少しそれてしまったが、今回の話でもっとも大事なこと。

三拳弊習のシステムによって生まれた我が門の掌形だが、さらに深く掘り下げれば大事なことは、技術的なことよりも先に、そもそもが「我が門の武術は”三拳の交流”によって生まれた武術である」ということだ。

そのことは、(このブログに御名前を出させていただいて恐縮だが)刀禅の小用先生のところに開門のご挨拶に伺った折、その後のやり取りの中でふと出てきた言葉であったが、我が門の掌形は、言ってみれば「三拳の交流」によって生まれた「武林皆一家」を象徴した掌形でもあるのだ。

だからこそ様々な意味で、その想いを汚すようなことがあってはならないと、あらためて深く心に刻み込む次第である。
プロフィール

Author:宇野 道夫
「内功武術 明鏡拳舎」を主宰。
陳[シ半]嶺(Chen Pan Ling)の流れをくむ
太極拳・形意拳・八卦掌
の三拳を修めている。
縁あって愛知県の江南市。神奈川県の相模原市で後継者の育成にあたっている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。