スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武術修行記 ~合気道編~(4)

◆合気修行の成果

指を取りに行って、掴んだと思った瞬間に、正座のまま一回転した自分。

それは、この二週間にかけていただいた全ての合気とはおよそかけ離れたものだった。だがそれは、秘伝があってやり方の違いという感じのものではない。自分が感じたものを一言で言うなら、技の「純度」の違いであった。砂泊先生の合氣は澄み切っていた。

何とも言えない気持ちに包まれる中、なんと砂泊先生は今の技の原理について手を取ってその軌道を教えてくださったのだが、投げる原理としては関節技の応用だという理屈はわかるものの、それ以前に「合気」が自分にはわからない。
どうしたらいいのかと思っていると、砂泊先生にもそれが伝わったのか、技をかえて合気の基本の感覚を自分の手を取って導くように教えてくださった。

取られた手から力を流して相手に入り込むという事。いくつかの形をとる中で力が身体の内部をどう流れていくのかがわかった。そしてその逆も順々に導いてくださった。

不思議な感じがするが、砂泊先生の合気は相手の最も力の出るところから、逆にそれを辿っていくように入り込んでいく。砂泊先生の合気の手は巻き込むような通称「猫手」が有名だが、普通の合気道のように開いた形は「陽」、巻き込むような形は「陰」なのだと、手を取りながら合気の感覚と共に説明してくださった。
砂泊先生は大本教の繋がりで植芝翁の弟子になった方だったからこその説明ではあったが、こういった発想も今になってみれば内功武術の陰陽の考え方と非常に重なるものだ。

それで「合気が分かった」とはおこがましくて言えないし、その時の合気の感覚がどの段階に位置するかはわからないが、とにかく自分の中で一気に何かが得られたのは間違いなかった。事実、今まで出来なかったことが出来るようになっていたし、自分の中に明確な一つの感覚があった。

その日の夕食は、再び砂泊先生のお宅に招かれて、奥様の手料理をご馳走になった。そして食事が終わり、教えていただいたお礼を述べると、砂泊先生はすっと立ち上がり本を2冊出してこられた。ご自身の著作である「合気道の心を求めて」と「続 合気道の心を求めて」だった。そして筆と墨を用意すると、一冊一冊に自分の名前と砂泊先生の名前とを書き添えてくださった。それが「武術修行記 ~少林寺拳法編~(3)」に予告として乗せた写真だ。それを自分に贈ってくださったのだった。

今こうして思い起こしても、感謝してもしきれない、素晴らしい経験をさせていただいた。

道場に戻ると、そこで寝泊まりするのはこの日が最後だと思ったが、感慨にふける間もなくすぐに眠ってしまった。
そして…翌朝の稽古に参加して、熊本でのすべての合気道修行を終えたのだった。

途中、岡山で一泊しながら、二日かけて東京に戻ってきたのだが、電車の中で何度も何度も、習ってきた技と、最後の最後につかんだ合気の感覚を噛み締めていた。

合気の感覚が身体に入ったことで、少林寺拳法の技が変わっていったことは言うまでもない。また、練習に対する考え方も変わっていた。理論と同時に感覚も大事にするようになった。
松田先生の「これぞ少林寺拳法」と言う体系的な考え方や身体の使い方によって技が変わっていったのに加わって、合気の感覚を得たことでさらに技が変わっていった。分かり易いところでは突きの威力が、その二つの過程を経るたびに段階的に上がっていったのである。

そして大学四年の秋。教育実習で実家の会津に戻っている最中に大東流合気柔術が武田惣角先生のご出身である会津坂下に残っていることを知り、まさかの展開が待っていたわけだが、武術修行記はこの辺で一旦終了しようと思う。

自分が習った大東流合氣柔術もまた本当に素晴らしい武術で、惣角先生の解釈の入った小野派一刀流と共に学ぶスタイルは、中学生の頃に剣道をやっていたことも含めて、ここに全てが繋がったとすら感じた武術であった。しかし、その後のまさかの展開によって、東京でその先生の大東流合氣柔術を続けられることになったことも縁なら、途中で仕事の関係等でどうしても継続できなくなり、中国武術の世界に入って師父と出会う事となったのも縁だろう。

自己紹介と、ここまで自分を成長させていただいたそれぞれの武道・武術に感謝の想いも込めて書き始めた武術修行記ではあったが、やはり自分の門を構えながら他派の武術をいろいろと語るのは、失礼なことでもあったかもしれない。

そんなわけで、武術修行記の~大東流合氣柔術編~以降をどうするかは今のところ未定だが、ブログにおいては再び「内功武術 明鏡拳舎」について語っていきたいと思う。

(武術修行記 第一部 完)
スポンサーサイト

武術修行記 ~合気道編~(3)

◆合気とは?の答え

早朝。合気修行は朝6時から手取神社の境内を掃除するところから始まる。こんなところがいかにも修行っぽい(笑)。しかも、道場の畳の上で朝、目を覚ますのは、なんとも気が引き締まる気分だ。

練習は砂泊先生流の受け身を覚えるところから始まった。それも前回りではなく後ろ回り受け身から始めるのだが、なぜそれから始めるのかという考え方や、練習段階の方法が面白い。
後ろ受け身が出来たところで、通常の練習に参加させてもらえるようになるが、少林寺拳法の受け身の経験があるので、最初は戸惑ったもののコツはすぐに掴めた。これは良い後ろ受け身だなと思った。

いよいよ、合気の技の練習がはじまったが…これまたなにもかも戸惑ってしまう。そもそも力を抜くというのがわからないし、その状態で「ここで合気をかけて~」と、感覚的な練習がひたすら続くわけである。
たまに関節技が出てきてそれは少林寺拳法とも通ずるとことがあるが、合気道では少林寺拳法のようにガッチリかけあう事はなく、むしろ、相手の関節を伸ばして代謝をよくしてあげるのだという気持ちで、流れや感覚を重視した練習スタイルだった。今でこそ、その練習方法の良さとポイントがわかるものの、当時はなにか勝手が違う感じだったのだ。
道場の人は皆親切で、練習後もいろいろ教えてくれた。しかし、それでもやっぱり、力を抜くという事がわからなくて、同じく道場に寝泊まりしていた浜田先生に「やっぱり力を抜くという事がわからない」という質問をしたりもした。その時、浜田先生は人差し指をスッと出して、掌で押してみるようにと言われて、そのように押してみたがやはりビクともしなかった。

浜田先生に言われた言葉で一つ心に残っている言葉がある。それは「技は才能ではなく、誠実さでおこなうのだ」という言葉だった。

道場の人たちも皆、こういう練習を何年も積み重ねてその技があるのだ。いくら集中してやろうと一週間やそこらで、どれほどのものが身につくだろう。
今でこそ内功武術を教え、意識や感覚という事を当たり前のように語ってはいるが、「感覚」ということについて徹底的に悩んだ、この時の経験があるから今の自分があるのだと思う。

悩みながらもなんとか練習についていっていたものの、本当にただの体験で終わってしまうかに思えた時…自分が帰る前日の日曜日がちょうど各地から有段者が集まって練習する有段者会になっていたのだが、浜田先生からそれに参加しても良いという事、そして、砂泊先生がその有段者会で教えられるとのお話を伺ったのであった。

有段者会当日。まずは砂泊先生が有段者たちに一人一人次々に技をかけていく。その日おこなっていたのは、指取りで相手に指を掴まれたところを投げるという技だった。一通りかけ終えると先生の合図で、各自分かれて練習を行う。
自分はそれを見学していたわけだが、砂泊先生は、各々練習するのにまかせてこちらに歩いてくるのが見えた。そして、目の前に正座で座ると、有段者たちがそうしていたように先生の指を取って極めてみるように仰った。何が起こるのかと思いながら、言われたとおり指を掴んだ瞬間…、

「!?」

世界が上下逆になっていた。
自分が正座のまま、頭が畳の上スレスレに浮いた状態なっているのがその短い時間の中でわかった。

そして次の瞬間にはバターンと勢いよく一回転して畳の上に投げられた衝撃!

「…これが合気か!」

30年間、力を抜く事をひたすら追究し、貫いてきた技がそこにあった。

本当に「柔の極致」とも言えるような、まさに目が覚めるような技であった。

次回に続く。

武術修行記 ~合気道編~(2)

◆砂泊先生

自分が惹かれたのは、同じ一流の先生でも例えば「剛の合気」を感じさせる塩田剛三先生の合気ではなく砂泊先生の「柔の合気」だった。

「技が効かないという事はいかに惨めか、気持ちがどん底まで落ちた状態です。それが私の一つの貴重な経験なのです。」

と語り、

「和合とはどういうことか、それには力を抜く以外にないのです。体力で相手にぶつかっては駄目なのです。そういうものを私は毎日頭の中に入れ、その心の世界を技の面で表してきました」

と仰る砂泊先生の技はいかなるものだろう?

そんな砂泊先生の技なら「本当の柔の極致は大東流だけだよ。」という佐川先生の元弟子の方の言葉もわかるのではないかと思った。もちろん、そう思うくらいなら佐川先生に直接習いに行けばよかったのだろうが、その時は佐川先生の事は良くわからなかったし、元弟子の方にも会ったのは後にも先にもその時だけだったので、その時にその発想はなかった。後に、佐川先生は国分寺のあたりで教えていて「習うにはまず手紙を手紙を出して、それを読んで気に入ってもらえた人だけ教えてもらえるらしい」という話はどこかで聞いた。ただ、そこで仮に佐川先生に習えていたら、もしかしたら明鏡拳舎はなかったかもしれないと思うと、これも縁だと思う。

熊本に着くと、路面電車に乗って手取神社(手取天満宮)へと向かう。その隣に砂泊先生の道場はあった。迎えてくださったのは内弟子の浜田先生だった。当時、砂泊先生は足を患っており、練習は浜田先生が取り仕切っていた。挨拶の後、浜田先生が連れて行ってくださったのは砂泊先生のご自宅で、素朴な美しさをもった品のある奥様と共に砂泊先生が迎えてくれた。家も貸家とのことで質素なたたずまいであったが、そんな中、砂泊先生は自分がわざわざ東京から訪ねてきてくれたということで大変に喜んでくださって、夕飯もご一緒させていただいた。
名もないただの一介の学生をこんな風に迎えてくださることに感激しつつ、奥様の手料理を味わいながら、普段自分が技について疑問に思っていることや、先生の技がどういうものなのかという質問をいくつかさせていただいた。そんな中、スッと砂泊先生が腕を差し出した。そして「押してみてください」という。

「いよいよ、合気とはどういうものか経験することが出来るのだ。」
そんな思いが、瞬間、頭をよぎった。

胸がドキドキするのを抑えながら、先生の手首を握って押そうとした…が、先生の腕を掴んだ途端に、なぜか全く力が入る気がしない。それでもしっかり先生の手首をぎゅっと握って思いっきり押してみようとするのだが、砂泊先生は全く力を入れている様子がないのに、腕も身体もびくともしないのだ。不思議がる自分に、これが力を抜くという事だと、相手と結ぶという事なのだ教えてくれた。
確かにそれだけでもすごいと思ったが、投げられたりしたわけでも、なにか技をかけられたりしたわけでもないので、本当の砂泊先生の合気の凄さを知るのは、まだ先のことだった。

そして、砂泊先生は足の関係でまだ稽古を見ることは出来ないが、もし、浜田先生について練習に参加してみたいのならば、参加しても良いとのお許しをいただいたところでその日はそれで終わった。
適当なビジネスホテルにでも泊まろうと思っていたところ、砂泊先生が浜田先生を通して泊まるところも手配してくださって、何から何までありがたくお世話になってしまったのであるが、この日は熊本まで来たという興奮と、砂泊先生にお会いできた興奮とに包まれながら眠りについたのであった。

次の日。午前中に浜田先生が迎えに来てくださって、今後どうするかの詳しい話し合いをおこない、2週間ほど稽古に参加させてもらう事にした。練習は、早朝、午前中、夕方の三回。各一時間ずつ。道場に寝泊まりしても良いという事だったので、そのようにお願いして、いよいよ合気道の修行が始まったのである。

次回へ続く。

武術修行記 ~合気道編~(1)

◆合気とは?

合気とは?また、合気道とはいかなる武道なのか?
佐川先生の元弟子の方から話を聞いた後、大東流やそれをもとに作られた合気道に興味関心が募っていく。そういえば、その方はこんなことも仰っていた。
「少林寺拳法か。少林寺拳法も良い技だね。だけど本当の柔の極致は大東流だけだよ。例えば太極拳も柔とは言うけど実際には剛が混じっているが、大東流は柔だけだ。」

今更ながら、自分のやっていた少林寺拳法とはどのようなものであったか?
よく誤解されがちだが、日本の「少林寺拳法」は中国の「少林拳」とは全く違うもので、開祖である宗道臣先生が中国で学んだ技を元に、柔道や空手、ボクシング、相撲その他を研究し再編されたものだ。その技は「守主攻従」という少林寺拳法の特徴にあるように、相手の攻撃をいろんなパターンに分類し、それに対して、受け・捌き等で守り、すかさず突き蹴りや投げによる反撃を行うというもので、非常に分かり易いものである。例えば、手を掴まれたら鉤手手法で守りながら当身、その後関節技で投げる、と言った風である。

少林寺拳法は基本的に、投げや関節技を主体とする「柔法」、突き蹴りを主体とする「剛法」、身体の調整や点穴を主体とする「整法」の三つから構成されている。また、分かり易いという言葉に象徴されるように考え方はシンプルで、かつ理論的に技を説明するスタンスをとっている。柔法では関節技の分類化や柔道で言うところの八方崩しから投げへのプロセス等の解説。突き蹴りでは相手の攻撃を受け流したり、ヒットポイントを外す捌きの技術…等々。

特に蹴り等を腕で受けた時に、角度処理で衝撃をまともに喰らわない技術などは秀逸で、これはつまりどういう事かというと、蹴りを手や足で防御したとしても、それで腕や足を痛めては意味がないのである。単純にヒットポイントを外して威力をなくすではなく、受けた時にどうやってその衝撃を殺すか?その考え方を学べたのは大きく、太極拳の拗歩倒レン猴でミドル~ローキックを捌くのが自分の得意技なのも、この理合のお陰のところもある。というのは技にレンジの広がりを持たせることが出来るからで、レンジが広がれば、それだけタイミングや応用も広がる。ちなみに、拗歩倒レン猴は双辺太極拳にしかない技で、八卦掌との融合の仕方も絶妙な均整のとれた美しい技だ。

やや話は逸れたが、少林寺拳法が理論的であったからこそ、合気と言う存在が余計に気になっていたのかもしれない。もちろん、その時代は中国拳法漫画の「拳児」が流行りはじめていたころだったので、その内容から漂ってくる中国拳法や大東流などの古武術の考え方や動きに、新鮮な魅力を感じていたという事もあるだろう。

大学三年も終わる頃、一通の手紙を書いた。
少林寺拳法では毎年・春休みには、以前書いたように大学合宿と言うものがあり、四国は香川県の多度津町に行く。そこから砂泊先生の教えていらっしゃる熊本へと考えて、砂泊先生にあてた手紙であった。手紙には先生の技や言葉に感動したこと、そして一度技を見学させていただきたいという旨が記してあった。腕を取らせていただけるかもわからない。ただ見て、一日で帰ってくることになるかもしれない。待つこと数日…。先生から返信が届いた。筆で丁寧にしたためられた手紙。返事はOKだった。

大学合宿が終わると、皆と岡山で別れて一人熊本へと向かった。青春18きっぷで、普通電車を乗り換えての旅だ。

合気とは?また、合気道とはいかなる武道なのか?
漫画「拳児」にあった佐川先生の「透明な力」のようなものなのだろうか?

ただ一つ。直観で感じていたことは、合気は一流の先生の技を受けないとわからないだろうという事だった。

次回へ続く。
プロフィール

Author:宇野 道夫
「内功武術 明鏡拳舎」を主宰。
陳[シ半]嶺(Chen Pan Ling)の流れをくむ
太極拳・形意拳・八卦掌
の三拳を修めている。
縁あって愛知県の江南市。神奈川県の相模原市で後継者の育成にあたっている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。