スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しい日

先々週の日曜日は嬉しい日であった。

それは、初めて弟子が教えている生徒に会うことが出来たからだ。
そして弟子が教えた太極拳をその生徒さんが打つ姿を見ることは、こんなにも嬉しいものなのかと、しみじみ感じ入った日であった。

もっとも、弟子のH.Kさんには正式な教練資格を与えているわけではないが、これには理由がある。

昨年の秋からの事だが、教室には参加出来ない方の為の別枠として、H.Kさんが教授代理として新たに教室を開く事を許可した。そこで習っているお二方は母娘で、喫茶店を経営している関係でどうしても時間が取れない事もあったが、もう一つの大きな理由として、娘さんの方は目が見えなかったのだ。全盲で光すら感じる事が出来ない。

つまり一生、先生の套路を見る事も出来なければ、自分がどういう姿をしているか確認する事すら出来ない。「学ぶ」という言葉は「真似ぶ」から来ているが、同時に様々な部分が連動して動く太極拳を、その学習の最も基本と言える「見て真似をする」という事が全くもって出来ないという事は、かなりの試行錯誤や工夫を余儀無くされるのは想像に難くないだろう。

H.Kさんは今までにも、療養先のサナトリウムで院長先生の奥様に請われて教えたり、やはり療養に来ていた作家でもあり監督経験もある才能溢れる女優さんを含め、短期間ではあるものの幾人かを教えたりすることになった時もあった。

その時も自分は自信を持って任せる事ができたし、お二人についての話を伺った時も、全盲という自分自身も未体験の難しさを思いながらも、やはりH.Kさんなら大丈夫だと信頼する事が出来た。H.Kさんには時に人一倍厳しく要求しながら、お互い真摯にこの武術に向きあってきた日々の積み重ねが、それを絶対的なものに感じさせてくれる。

教えるという事については、自分自身でも経験している事だが、いざ、この武術を教えるとなると不思議な事に次から次へと教える事が浮かびあがってきて、教える事に困る事がない。また、時と状況に応じて様々に工夫するだけの理解が備わっている事にもあらためて気づく。

むしろ教えれば教える程様々な気づきがあり、こんなにもたくさんのものを自分は習っていたのだと、振り返るのだ。

実際に自分が会ってみるまでに、H.Kさんから聞く新しい教室の様子は、実に興味深いものであった。

我々が大事にしている「まず自分の身体を感じる」ということ。それがまさに、教えた事に対して娘さんから帰ってくるリアクションや言葉は、「感じる」という事の純度の極みと言えるものであった。ナチュラルに出てくる感想が、まるで内功武術の核心部分について話をしているかのようでもあり、一言一言が実に豊かな内容に溢れていた。

H.Kさんが、工夫しながら確かなものを教えている様子が、その内容から活き活きと伝わってくるようだった。

そしてとうとう、初めてお二人の套路を見せてもらったわけだが、目の見えない娘さんが伸び伸びと太極拳を打つ姿に、どれ程感動を覚えた事だろう。それはまさに明鏡拳舎の太極拳であり、同時に、弟子の太極拳であった。

一回一回に進めるのは、ほんの僅かだ。身体にあちこち触れてもらったり、手で導いたりして、全体像を頭の中に構築してもらって、初めて次に進める事が出来る。

まだまだ最初の方の7勢だけではあったものの、ここまでに至る弟子の工夫と、真摯に教える気持ちが、その姿に込められていた。

我々の太極拳とは何か。
その問いに対する答えが、ここにある気がした。
あくまで武術として教え、武術として磨いていく。
そこに「義」がある。

我々の武術には、段や級もなければ、賞とも無縁のものだ。

だが、もっとも大切なものがここにはある。

スポンサーサイト

小説家・金庸先生

小龍女
金庸という小説家をご存知であろうか? 

「金庸とは『中国人のいるところ金庸の小説あり』とまで言われるすごい小説家なのである。」

…とのフレーズは、自分がホームページでも紹介していた懐かしい一節だ。

なぜ金庸の話題なのかというと、金庸小説に詳しい人は
「もしや倚天屠龍記に出てくる張三豊や太極拳の話か?」
などと想像するかもしれないが、そうではない。(笑)

自分が師父の武術に惹かれた理由の一つに、師父の教えてくれる技の意味や用法は、まるで金庸小説の世界そのままを髣髴させるものだったというのがある。
金庸小説の技の応酬では「無造作に出された手のように見えるが、その中に幾つもの変化を含み」等の文章が出てくるが、師父に教わる技はまさにそんな雰囲気だったのだ。

「まさかこの動作にそんな意味や使い方が!?」「この一手の中にこんなにも応用を含んでいるとは!?」と、何度「目から鱗が落ちる」思いをしたか知れない。単なる過渡式と思って行っていたところが、急に生き生きと意味を持った動作に変わる瞬間だ。

師父が用法を見せてくれたり解説してくれたりすると、自然と頭の中で金庸小説に出てくる上記のような一節が浮かんでくる。時にはそういった文章と相まって、幾重にも技のイメージを膨らませてくれた。
そしてそれは、まさしく自分が求めていた中国武術のイメージそのものであったのである。

「これは良い技ですね!」
師父が解説とともに技を見せてくださるのと同時にそんな言葉が出てることも度々であった。
そんな時、頭の中で金庸小説の登場人物が「好い技だ!」と、親指を立てて褒め称えている様子がリンクする。
別に小説のせりふを真似たわけではないが(笑)、良い技とはこういうものを言うのだと深く感じ入って、自然と言葉が出てくる。

自分が金庸小説を読んでいたこと。それが好きであったことが、どれだけ理解を助けてくれ、技の発想を広げてくれたことだろう。また、そういったこだわりが、今の自分の原点であるとも言える。

そんな武術においても大恩のある金庸先生が、自分に向かってすっと手を差し出してくださったときのことを今でも覚えている。(※1)この時はまだ、徳間書店様の金庸先生を紹介する小冊子(販促用リーフレット)のイラストを仕事で描く前のことで(※2)、ただの一ファンとして趣味で小説に出てくる登場人物を描きながら金庸先生を紹介するサイトを作っていただけの時であった。


(東方不敗vs任我行)

日本語版を翻訳されていた岡崎先生がそのファンサイトに載せている絵をご覧になっていて、金庸先生に自分の描いた絵をお渡ししようとしていた自分を紹介してくださると、金庸先生は真っ直ぐに自分の目を見て、なんと先生の方から握手の手を差し出してくださったのだ。金庸先生の暖かい手と眼差し、この時の感慨は忘れられない。

のちに金庸先生から一枚の色紙をいただいた。


「熊猫様」とあるのは、自分のホームページの名前に由来している。

金庸先生が教えてくれたのは技だけではない。

小説の中に描かれる武林の姿は、まるで現実の姿を鏡に映し出したかのように様々な人間像を浮かび上がらせ、登場人物らを通して「どういう人間が、どのような事を語り、どのような行動を取るのか」を、そして「武術とは何か」ということや、「本当に大切なものは何か」を、率直に語ってくれている。

香港の「明報」という新聞社の社長でもあった金庸先生の透徹した視点が語るものは、新聞というリアルも小説という虚構も、共に人間の姿を映し出すと言う意味において陰陽のように表現の違いでしかない。

金庸先生の描く武術は想像ではあったとしても、文章と言う特質を活かしながら、戦いに関する洞察や技というものの本質を描いているからこそ、既成のものに縛られることなく武術そのものの発想を広げてくれるのだろう。

自分の武術にとっても、人生においても、どれほど大きな影響を与えてくれたか計り知れないのが金庸先生なのである。


(※1)
2001年11月5日 神奈川大学「第11回日中交流シンポジウム」
基調講演『金庸は語る 中国武侠小説の魅力』にての出来事

(※2)
日本の「金庸公式ホームページ」にて、この小冊子の絵を見ることが出来ます。


プロフィール

Author:宇野 道夫
「内功武術 明鏡拳舎」を主宰。
陳[シ半]嶺(Chen Pan Ling)の流れをくむ
太極拳・形意拳・八卦掌
の三拳を修めている。
縁あって愛知県の江南市。神奈川県の相模原市で後継者の育成にあたっている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。