スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「包拳礼」

前回の更新から随分経ってしまった。
最低でも月一の更新をと思っていたので、初めて先月は何も書かないでしまったことになる。
正直、弟子の死を引きずってしまっていることもあり、再開に当たって最初のテーマを何にするか悩んだのだが、幾つか考えたうち、もっともこれだと思えたものが「包拳礼」についてのエピソードだった。

日本の武道では「礼に始まり、礼に終わる」という言葉があるが、こういった心境の時に、あえて礼の話から始めるのも良いだろう。ということで今回のテーマは「包拳礼」である。

我が門の教室では、礼はこの包拳礼で行う。

包拳礼の形式や細かい説明は省くとして、この礼の最も特徴的なところは、日本式の礼のように頭を下げたりはせず、むしろ相手をしっかりと見て「眼に自分の気持ちや意志を込める」と言うことにあるだろう。

例えば先生に「感謝の気持ち」を。例えば仲間に「共に良い学びをしよう」という誓いを。
これから練習が始まる時に、相手と組んで行う時に、練習の終わりに、様々な状況において、その時々でもっともふさわしい言葉や気持ち、全てを眼に込めて相手に伝えるのである。それが我々の包拳礼だ。

日本人ならつい、頭を下げて礼をしたくなる気持ちはわかるし、教室ではそれを敢えて注意はせず容認しているが、少なくとも包拳礼の考え方や頭を下げないことの意味が深く浸透しているのが、生徒たちの姿からもわかる。

ところで、なぜこの包拳礼がテーマなのかと言うと、引きずってると言いながらも再度、弟子との最後の別れの話になる。

弟子は最期の最後まで痛み止めを使わなかった。大腸がんの末期は「死んだほうがましだ」とある俳優が言い残すくらいに、ひどい痛みに苦しめられるそうだ。だが、痛み止めにはモルヒネが含まれていて意識が混濁してしまうということで、最期まで家族を、そして自分を含めて大事な人を認識するために、痛み止めを使うことを拒み、激痛と共に生き続けた。それが弟子の戦いだった。

それだけではない。色々と気配りができて、絶対に弱音ははかないような弟子だったからこそ、後から考えればあれもこれも色んなところで戦っていたのだということが、亡くなった後でわかった。もちろん真相は本人にしかわからないこともあるが、残された状況がそれを物語っていた。

弟子が亡くなる前々日。一緒に自分に学んでいる弟子の娘さんからメールが届いた。

夜の1:03分だった。

そんな時間に届いたメールというのは、いつどうなってもおかしくない危険な状態なので、最期に母に会って欲しいという内容だった。娘さんも連日、ほとんど眠れていないに違いない。

直ぐに「行きます」という返信を送ると、僅かな睡眠をとって弟子の入院している病院へと向かった。

…最後に会ったときの弟子の姿というのは、口は半開きで、片目はほとんど閉じた状態であった。
身体も身じろぎ一つせず、ただ、開いたほうの左目だけが一生懸命に何かを語りかけていた。
と同時に、声にならない声を一生懸命に出そうとしていたのがわかった。

「ああ、弟子は自分に何かを語りかけようとしているのだ」

…だが、その言葉は少しも理解できなかったし、何を言おうとしているか推測すればするほど色んなことが浮かびはするのだが、しかし、どれも何か違う気がした。

なにより目の前に横たわっている弟子が…、あの才気に溢れ、誰からも頼りにされていた弟子が、そんな姿に成り果ててしまったことの悲しみに打ちひしがれてしまっていたのだ。

そして弟子が訴えていたことがわからないまま、だが、意識ははっきりしているのだという事だけは確認したうえで病室を後にした。

その2日後、奇しくも弟子が息を引き取ったその日の朝に、窓から射す朝日を浴びた瞬間にその答えが見つかったのだが、その内容やそのことに関する一連の話はここでは留めておく。

ただ、先日。学生のK.Fさんとのメールのやり取りの中で、こんな質問があった。

「最後に会ったとき、ひとみさんは私に何を目で訴えたのだろう。何を話してくれたのだろう。わかる気は、するのですが、、その瞳が焼き付いております。先生は、どう思われますか?」

ああ、やはり弟子は最後に会った一人一人に語りかけていたのだと思いながら、こう返事を書いた。

「…僕から言えることは、「何を」という言葉を考えるのではなく、ひとみさんの「心」を受けとめる事です。我々には包拳礼に「眼神」という「目に気持ちを込める」という教えがあります。…」

その言葉を書いたとき、ようやく答えの最後まで辿り着くことが出来た気がした。

弟子が最期に自分に向けた視線、それは包拳礼だったのだ。

そうだ。

あの愚直なまでに真摯な弟子ならば、きっと包拳礼に全ての気持ちを込めたであろう…。
眼に、全ての気持ちを。

まさに武術家として立派な最期だったのだ。

逆に言えば、自分はまだまだ師として、武術家として未熟だということだ。
武術家として弟子の最期の包拳礼を受けとめる事が出来なかったことは、生涯の戒めとなるだろう。

そして、包拳礼に気づけなかったことで、答えを出すまでに随分遠回りをしてしまった。
もちろん、その遠回りのおかげで自分にとって大切な出来事もあった訳なので、その事にも重要な意味があったようには感じているのだが。

そうした事も含めて今にして思うのは、「心、意、氣、力」で言えば、朝日を浴びながら浮かんだ答えはあくまで「意」の段階における答えだったのだ。そして「心」の段階の答えは「包拳礼」。そう考えればあのときの弟子の姿が、「心、意、氣、力」を全てを貫き、一つとなる。

そんな素晴らしい弟子に、このブログをもって、あらためて包拳礼を捧げる。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:宇野 道夫
「内功武術 明鏡拳舎」を主宰。
陳[シ半]嶺(Chen Pan Ling)の流れをくむ
太極拳・形意拳・八卦掌
の三拳を修めている。
縁あって愛知県の江南市。神奈川県の相模原市で後継者の育成にあたっている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。